2020年競馬界の展望は?

Pocket

2019年は競馬会は様々な出来事があった年であったと言えるだろう。ディープインパクト・キングカメハメハ2大巨頭の相次ぐ訃報、ウオッカ等名馬の訃報。競馬界にとって悲しいニュースが多かったように感じた。その中で明るいニュースと言えば藤田菜七子騎手の躍進だろう。通算100勝到達、JRA所属女性ジョッキーによる初重賞制覇を達成するなど2019年は彼女にとって躍進の年と言えただろう。2020年は更なる飛躍を目指して明るい話題を届けてほしい所だ。

JRAの各賞はどうなるのか?

年度代表馬は間違いなくリスグラシューだろう。春秋グランプリに加えてコックスプレートを制覇、死角は見当たらない。難しいのが最優秀2歳牡馬と最優秀3歳牡馬だろう。

最優秀2歳牡馬はサリオスとコントレイルがほぼ同じ戦績だ、いっそのこと2頭同時受賞させてあげてもいいと思っているくらいだ。最優秀3歳牡馬はさらに混沌としている、クラシックレースは3頭すべてが違う馬だし、アドマイヤマーズがNHKマイルと香港マイルを勝っているので1歩抜けている印象だが果たして?

3歳牝馬も抜けた実績馬はいないがグランアレグリアは桜花賞、阪神カップを快勝するなど重賞2勝をしているので最右翼か?

最優秀短距離馬は春秋マイルを制覇したインディチャンプだろう。もしかしたら最優秀4歳以上牡馬もインディチャンプかもしれない、それか香港GⅠを2勝したウィンブライトか?おそらくこの2頭のどちらかが最優秀4歳以上牡馬かと思われる。

最優秀ダート馬は6戦6勝でチャンピオンズカップを制したクリソベリルが最右翼だろう。

3歳クラシックの展望は?

まだ2020年は始まったばかりだが現段階での3歳クラシックの有力馬を見ていこう、牡馬は何と言ってもサリオスとコントレイルだろう。2頭とも甲乙つけがたい能力の持ち主だ。少し残念なのが皐月賞本番まで直接対決がなさそうなことだ。この2頭に続く存在が同じく3戦3勝のマイラプソディだろう、こちらも相当な能力を秘めていそうだ。

牝馬は1分32秒7のレコードタイムで阪神JFを逃げ切ったレシステンシアだろう。あのレースのパフォーマンスは桜花賞を確勝レベルのものだったのでは?と個人的は思っている。現状レシステンシアが抜けた存在と言えるだろう。リアアメリアの巻き返しにも注目したいところだ。

2020年の古馬戦線はどうなる?

2020年の古馬戦線はどうなっていくだろうか?中心となるのはアーモンドアイとサートゥルナーリアの2頭だろう。※2頭ともロードカナロア産駒

他にはフィエールマン、スワーヴリチャード、ブラストワンピース、キセキなどもGⅠ戦線を賑わせてくれるだろう。

2020年はまだ始まったばかりだ。どんなスターホースが誕生するのか?ディープインパクト・キングカメハメハが亡くなった生産の影響はどのようになるのか?気になることが目白押しだ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
趣味・ホビーランキング
Please follow and like us:

Follow me!

2020年競馬界の展望は?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です