Varmilo(アミロ)から電卓機能がついた静電容量無接点のキーボードが発売

Pocket

洗練されたキーボードデザイン

 

どんなデスクにも合う、シンプルなモノトーンのキーボードです。

ファンクションキーやテンキーもしっかり備えたフルサイズのキーボードで、癖のないJIS配列となっておりますので、生産性の高いデスクワークが可能です。
キーボードのケースはおしゃれで高級感溢れる木目調となっており、底面には角度を調整できるチルトスタンド(足)が付属しています。

製品詳細ページから引用

インダストリアルデザイン(工業意匠)

狭額縁(ナローベゼル)の、すっきりとしていて美しいデザインです。

シンプルな見た目は、どんなデスクトップにもマッチします。

製品詳細ページから引用

ピクセル風レトロフォント

かなり珍しいピクセル風フォントとなっています。

利便性に磨きをかけたケーブル分離型

接続方式はmini USBとなっています。タイプCじゃないのがちょっと残念

3種類の静電容量式メカニカルスイッチ

デイジー軸

作動力が35gfのリニアスイッチ。
Daisy軸は有名なCherry MX RedやSpeed Silverよりも軽い、最軽量の静電容量式リニアスイッチです。
入力する際の疲労を軽減できる軽いスイッチ。
重いスイッチを押すことで引き起こされる腱鞘炎などのトラブルを予防することができます。
キーボードを長時間使用するエンジニアをはじめ、ビジネスユースに向いています。

サクラ軸

作動力が45gfのリニアスイッチ。
Sakura軸は定番のCherry MX RedやSpeed Silverに近い、軽量な静電容量式リニアスイッチです。
軽さだけでなく、適度なタイピング感を求めるユーザーにオススメのスイッチです。
クセの少ないSakura軸はオフィスでの使用や、普段遣いに適しています。

ローズ軸

作動力が55gfのリニアスイッチ。
Rose軸は有名なCherry MX Red軸やSpeed Silver軸より重いですが、Cherry MX Black軸よりも軽量な静電容量式リニアスイッチです。
キースイッチからのフィードバックがあるので、レスポンスの感覚を求めるユーザーやゲーマー向けです。

 

キーキャップを”きせかえ”で、自分好みにカスタマイズ

Cherry MXスイッチとの互換性もあるため、Cherry MXスイッチに対応したお好みのキーキャップに付け替えることができます。

末永く愛用いただけるPBT素材のキーキャップ

キーキャップにはABSよりも高品質かつ高耐久のPBT樹脂製を使用しています。
また、キーキャップの印字は昇華印刷のため、長くご愛用いただいても印字が消える心配がありません。
キーキャップのフォントには通常のキーボードのフォントとは異なる、電卓キーボード限定のこだわり抜かれたフォントを使用しています。

ホワイトLED バックライト搭載

白色オンリーですが、バックライト機能も備わっています。

ワンタッチで数字入力と電卓機能の切り替えが可能

①電卓モード

NumlockキーのLEDが赤色に点灯している際は、電卓モードになっています。
・Page Upキーがdelete機能(←)になります。
・Page DnキーがAC機能(計算削除)になります。
・Pauseボタンで+と-を切り替えられます。
・Enterキーがイコール機能になります。・電卓の計算結果を「Fn + Enter」で、PC画面上の現在のウィンドウに入力することが出来ます。
それにより、電卓の計算結果をパソコンに入力し間違えるといったことが起こりません。

②NumLockモード

NumlockキーのLEDが消灯している際は、NumLockモードとなり、通常のキーボードとしてご利用いただくことが可能です。
その際、キーボードに入力した文字を電卓のスクリーン上に表示しますので、簡易なメモ等にもご利用いただくことが可能です。

③数字入力モード

NumlockキーのLEDが青色に点灯してる状態は、数字入力が可能な状態となります。
また、その際、電卓のスクリーン上には1分間のタイピング数が集計されて表示されるようになっています。
スクリーン上部には過去の2回のタイピング記録が表示され、下部には現在の(リアルタイムでの)タイピング記録が表示されます。
現在の記録開始後1分間経過した際には、その記録が上部(左)に移動し、2回前の記録は消去されます。

フルNキーロールオーバー&WINキーロック対応

複数のキーを同時に押したとき、全てのキー入力が認識される「フルNキーロールオーバー」に対応しています。
また、ゲーム中に誤って押下してしまうことを防ぐWINキーロック機能付き!
普段使いは勿論、ゲームシーンでも安心してご利用いただけます。

マルチメディアボタン機能

マルチメディアボタン機能はFN + F7-F12に割り当てられています。

また、キーの入れ替え機能も搭載。
・FnキーとWinキーを3秒間長押しすると、Caps Lockキーが3回点滅し、FnキーとWinキーの機能が入れ替わります。
・Fnキーと左Ctrlキーを3秒間長押しすると、Caps Lockキーが3回点滅し、Caps Lockキーと左Ctrlキーの機能が入れ替わります。
・FnキーとEscキーを3秒間長押しすると、Caps Lockキーが3回点滅し、工場出荷時の状況にキーボードがリセットされます。

商品の仕様

・接続方法:有線(mini USB)
・配列:JIS(日本語)配列
・キー数:109キー
・バックライト:ホワイトLED
・キーキャップの印刷方式:昇華印刷
・キーキャップ素材:PBT
・重量:1.3kg
・サイズ:442 x 137 x 33~53 mm(角度調節可能なチルトスタンドつき)
・対応OS:Windows OSのみ(Mac OSの場合、ショートカットキーをサポートしていません)

世界19ヵ国で愛されるゲーミングチェアAndaseat【Kaiser 2】がMakuakeでプロジェクト中

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です