【レビュー】ついに発売!静電容量無接点スイッチ搭載 東プレREALFORCEマウス

Pocket

総合評価

最高☆5で評価※あくまで個人的評価です

コスパ ★★★☆☆
性能 ★★★★★
重さ ★★★★★
握り心地 ★★★★★

主な仕様

付属品一覧

付属品は取り扱い説明書兼保証書のみとなっています。

外観チェック

形状はIntelliMouse Explorer 3.0をもとに開発されたもので、大きさは日本人の手に合うように少し小さめに設計されているのが特徴となっています。余程手が小さい人でなければしっくりくる大きさではないかと思います。

側面素材はエラストマーという素材で滑り止めの役割を果たしています。※エラストマーについてはこちらのページをご覧ください。

サイドボタンは出っ張りが少ない設計になっていますが、個人的にはこの部分はもう少し出っ張りがあるほうが押しやすいので、そのような設計にして欲しかったのは本音。今後マイナーチェンジや新たな製品展開を予定しているならここは要改善ポイントとして挙げておきたい。

静電容量無接点スイッチ

本製品の最大の特徴は何と言っても静電容量無接点スイッチを採用していることだろう。他のマウスに多く用いられている板バネ式のスイッチいわゆる押したときと放したときにカチカチと音のするクリック感のあるものではなく、静電容量無接点式の独特な押し心地となっている。これは実際に使ってみると分かるのですが、他のマウスとは全く異なる押し心地になっています。

静電容量無接点スイッチを採用することによるメリットは、物理的接点を持たないので、非常に高耐久、チャタリング(二重押し)が発生しない構造であるのが最大のメリットとなっています。

一方デメリットとしては、コスト面で非常に掛かるということでしょう。本製品の値段は有線マウスとしては破格の税込み17,980円となっている。これは現行のワイヤレスゲーミングマウスの最高クラスのモデルとほぼ同等の値段だ。有線モデルでは最高値となっている。非常に高価なファイナルマウスですら13,980円で買える。

それよりも4,000円高い、これは部品や組み立てなどを一部を除き、全て日本国内で生産している所以だ。キーボードにも同じことが言えるが、コストパフォーマンスは決していいものとは言えない。

REALFORCEにこだわりを持つ人が持つような製品と言える。※その代わり耐久性は高いので長持ちはする

※長持ちするとは言っても、ソールは消耗品なので滑りが悪いと感じるなら交換をしましょう。

細部にもこだわった作り

ちょっと画像では分かりにくいかもしれませんが、ケーブルの付け根がわずかですが上向きについているのが分かります。これはケーブルがマウスパッドに引っかからないように設計されています。細かな気配りがされてるのが分かりますね。

本体重量は実測値で85g

本体重量はカタログスペック上は83gとなっていましたが、実際に量ったときは85gでした。これは筆者の量り方の問題もあると思いますが、概ねカタログスペック通りと言っていいでしょう。昨今の軽量マウスほどではありませんが十分軽量の部類に入ると思います。

ポーリングレートの切り替えはスイッチ式

ポーリングレートの切り替えはマウス底部のスイッチによって125Hz、500Hz、1000Hzに切り替えることができます。

センサーはPixart PMW3360

センサーはPixart社のPMW3360センサーが搭載されていて、ゲームにも十分なトラッキング性能を有している。

ユーティリティソフトはシンプルそのもの

ボタンの再配置やLEDライティングの制御、DPIの調整、リフトオフディスタンスの調整などができるユーティリティソフトも使えます。

これは後々アップデートで改善予定ですが、現行だとマクロを新しく組めることができません、これに伴いキーボードのキー割り当てもできない仕様になっています。これはすぐにでもアプデで改善して欲しいポイントです。

結論

お勧め度 ★★★☆ コスパ無視なら ★★★★★

ちょっと厳しめの評価ではありますが、製品自体のクオリティは非常に高いものです。しかしあくまでレビューとして冷静に評価するならコスト面は切り離せないのでこのような評価となっています。

個人的には非常に気に入って使っていますが、流石に有線マウスに17,980円は高いです。この値段をどう感じるかは人それぞれでしょうが、ほとんどの人が高いと感じるでしょう。

また個人的な改善点としてサイドボタンをもう少し出っ張りがあるものにして欲しいのと、これはアプデで改善予定ですがマクロを新しく組めるようにすることの2点ですね。

コストに関しては、国内生産しているのである程度致し方ないのかなと言ったところ、オンリーワンの製品として唯一無二の存在なのは間違いありません。そういう意味では価値はあるのかな?という印象です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です