【ウイニングポスト9 2022】新要素追加でどんなことができるようになったか?新要素を深掘り

Pocket

created by Rinker
コーエーテクモゲームス

ウイニングポスト9 2022新要素を深掘り

2022年4月14日ウイニングポスト9 2022が発売。新要素満載となっています。特に大きいのは、1976年スタートシナリオ追加、海外牧場の早期開設、複数系統の同時確立の3つの追加要素はプレイ面で多大な影響があります。

追加された新要素

  • 優駿の絆
  • 「1976年」「2012年」2つの開始年シナリオ追加
  • パワーアップしたオンライン要素
  • 新秘書「吹里谷 芽愛」
  • 新配合理論
  • レースでの新作戦を追加
  • 海外牧場の早期開設
  • スペシャル繁殖牝馬の追加
  • 全機種でのショートカット機能
  • プレイヤーだけが種付け可能な「Private種牡馬」
  • 年末における複数系統の同時確立
  • 史実馬から生まれる全子孫を一覧できる機能

1976年スタートシナリオ

1976年スタートシナリオが追加されたことにより、今ままで所有できなかった史実馬を所有することができるようになりプレイの幅がさらに広がるようになります。

まだ確定ではありませんが、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスのいわゆるTTG、さらにスーパーカーの異名をもつマルゼンスキーなどがおそらくDLCで現役馬として持てるようになるのではと思っています。他には1977年に予後不良となった桜花賞とオークスを制した2冠牝馬テスコガビーなどもスペシャル繁殖牝馬もしくはDLCなどで所有できるものと思われます。

海外牧場の早期開設

今までは、史実期間が終わってからでないと海外牧場は開設できない仕様でしたが、2022からは早期開設が可能になりました。条件の詳細は不明ですが、おそらく馬主ランクや規定以上の所持金が必要になると思います。早期に海外牧場が開設できることのメリットは海外幼駒や繁殖牝馬が庭先取引できることです。ただし一つ問題が残っています。日本国内は馬名の文字数制限が9文字と決まっており、それにより所有することができない海外馬が存在します。その制限がゲーム内で解除されているかどうか?ここは気になるところです。

複数系統の同時確立

今までは2頭以上が系統確立の条件を満たしていても1系統しか確立せず、次の年まで待たないといけませんでしたが、今作から複数系統の同時確立が可能になりました。この仕様により、系統確立する前に種牡馬を引退してしまうといったことが大幅に減少します。狙っている系統確立がほぼ確実にできるということになります。

優駿の絆

公式HPより引用

新システム「優駿の絆」では、調教パートナーの指定やレース出走などで芽生えた絆により、馬同士が深い関係になることでさまざまなボーナスを獲得することができ、分かっていることは、洋芝対応や配合、気性安定、体質改善、競争寿命などが新たな特性が追加されています。特に画像にあるジェンティルドンナとの絆効果「配合」は種付け時に効果を発揮すると思われます。配合効果の底上げができる特性と思われるので、非常に重要かと思います。

created by Rinker
コーエーテクモゲームス
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。