【競馬ニュース】第63回アメリカジョッキークラブカップを制するのはどの馬か?データからみる狙い目は?

Pocket

参考資料:競馬ラボ

データから見る狙い目は?

最内枠と大外枠は要注意

 

参考資料:スダケイバ

上記の画像は、中山2200mの枠順のデータです・本来なら最内枠が最も勝率・連対率・複勝率は高くなっています。しかしAJCCでは過去10年、最内枠は一度も勝っていなく連対率も低くなっています。大外の8枠は連対率・複勝率共に最低となっており、相性が悪くなっています。

3番人気までの信頼度は高め

過去10年で3番人気までの馬が7勝と勝率は高いものとなっています。連対率・複勝率も高く信頼度は高めとなっています。オッズはまだ確定していませんが、おそらくオーソクレースが1番人気、ポタジェ、キングオブコージあたりが2,3番人気なると思われます。

7歳以上でも馬券圏内の可能性あり

先週行われた日経新春杯は4歳勢が圧倒的戦績を残していましたが、過去10年で7歳馬まで勝っており、8歳馬も2頭馬券圏内に来ています。今回出走している7歳馬はマイネルファンロン、8歳馬はクレッシェンドラヴ、ダンビュライト、ソッサスブレイの3頭出走しており、馬券圏内に絡む可能性は十分あると思います。

ダイワメジャー産駒の戦績良し

参考資料:スダケイバ

上記の画像は、中山2200mの血統傾向データです。最も戦績がいいのがダイワメジャー、次いでルーラーシップ産駒となっています。今回出走しているダイワメジャー産駒はスマイル、ルーラーシップ産駒はダンビュライト、アンティシペイト、エヒト、ディープインパクト産駒はポタジェとなっており、特に重要な存在と思われます。

5年連続で1番人気が馬券圏内

ここ5年連続で1番人気が馬券圏内に来ていることからも、1番人気になると思われるオーソクレースは固い存在かと思われます。少なくとも馬券圏内には来る可能性は高いです。

その他には全4勝を全て中山であげているダイワメジャー産駒のスマイル、ルーラーシップ産駒のダンビュライト、アンティシペイト、エヒト、ディープインパクト産駒のポタジェが個人的に推したいと思います。

アサマノイタズラは同舞台同距離のセントライト記念を勝っていますが、前走の有馬記念は謎の凡走でしたし、判断が難しいところなので切ってしまいたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。