Razerから低遅延ワイヤレス技術「HyperSpeed」対応のキーボード、マウス、ヘッドセットを発表

Pocket

北米時間2020年9月22日、Razerは、同社独自の低遅延ワイヤレス技術「Razer HyperSpeed Wirelessに対応するゲーマー向けキーボードとマウス、ヘッドセットの新製品を世界市場に向けて発表。

ラインナップと直販価格は以下のとおりとなっています。

  • Razer BlackWidow V3 Pro:ワイヤレスキーボード、2万7880円(税別)
  • Razer DeathAdder V2 Pro:ワイヤレスマウス、1万5888円(税別)
  • Razer BlackShark V2 Pro:ワイヤレスヘッドセット、2万1880円(税別)

Razer BlackWidow V3 Pro

※画像をクリックするとRazer Storeにいけます


Razer BlackWidow V3 Proは、大型のパームレストが付属するフルサイズキーボードで、HyperSpeed Wirelessだけでなく、Bluetooth接続、USB接続の3系統接続に対応するのが特徴となっている。

キースイッチに、Razer独自の「Razer Green Switch」と「Razer Yellow Switch」を採用する2モデルをラインナップ。好みの軸に合わせて購入できるのはいい所だ。

Razer DeathAdder V2 Pro

※画像をクリックするとRazer Storeにいけます

Razer DeathAdder V2 Proは、2020年1月に登場した「Razer DeathAdder V2」のHyperSpeed Wireless版となっている。こちらもBluetooth接続とUSB接続の3系統接続に対応。ワイヤレス接続時のバッテリー駆動時間が、最大120時間(約5日間)と非常に長いのも特徴だ。

筆者は今年、deathadderのワイヤレス版がきっと登場するはずと予想していたが、それが実現した形だ。しかし製品はUltimateが末尾に付くと思ってたので、そこは外してしまった。

Razer BlackShark V2 Pro

※画像をクリックするとRazer Storeにいけます

Razer BlackShark V2 Proは、ベースモデルが2020年8月に国内発売となったばかりのeスポーツ向けヘッドセットをワイヤレス対応にしたものとなっている。接続方式は、HyperSpeed Wirelessのほか3.5mmミニピンによるアナログ接続に対応となっている。

Razer BlackShark V2の特長である「Razer TriForce Titanium 50mm Drivers」や、ブームマイク「Razer HyperClear Cardioid Mic」を備える特徴は、そのままにワイヤレス接続ができるようになった最上位モデルとなっている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です