Razerから第2世代Razer オプティカルスイッチ採用の新型キーボード「Huntsman V2」を発表。ゲーマー向けマウス「Basilisk V3」も同時発売

Pocket

製品詳細ページから引用

2021年9月17日、Razerからゲーマー向けワイヤードキーボード「Huntsman V2」と「Huntsman V2 TKL」、および有線マウス「Basilisk V3」を9月30日に国内発売すると発表。

主な仕様

  • Razer™ オプティカルスイッチ
  • 1 億キーストロークの耐久性
  • 最大 8000 Hz ポーリングレートの Razer™ HyperPolling 技術
  • Razer ダブルショット PBT キーキャップ
  • アルミ製マット仕上げトッププレート
  • 音を抑えるフォーム
  • ソフトなレザーレット製リストレスト
  • マルチファンクションデジタルダイアルと 4 つの メディアキー
  • 編組ファイバーケーブル
  • 1,680 万色のカラーオプションを備えたカスタマイズ可能な Razer Chroma™ RGB バックライト
  • ハイブリッド内蔵ストレージ – 最大 5 つのキーバインドプロファイル

RAZER™ オプティカルスイッチ

製品詳細ページから引用

従来のメカニカルスイッチよりも高速で軽く、耐久性に優れ、最大 8000Hz のポーリングレートにより低入力レイテンシーを実現します。

リニアとクリッキーの 2 つのモデルが用意されています。

製品詳細ページから引用

光速アクチュエーション

業界をリードする光速 0.2ms の応答時間の第 2 世代 Razer オプティカルスイッチは、Razer HyperPolling を備え、磁気スイッチよりも 3 倍高速です。

製品詳細ページから引用

リニアオプティカルスイッチ

 

音を抑える仕様によりタイピングがさらに静かになっており、滑らかで安定したスイッチは応答性にも優れ、最大 8000Hz のポーリングレートにより低入力レイテンシーを実現します。

製品詳細ページから引用

クリッキーオプティカルスイッチ

心地よい音の素早いキーストロークが特徴で、従来のメカニカルスイッチよりも軽く感じられます。最大 8000Hz のポーリングレートにより低入力レイテンシーを実現します。

製品詳細ページから引用

ダブルショット PBT キーキャップ

ABS プラスチックよりも硬く耐久性にすぐれた頑丈なキーキャップは、摩耗して輝きを損なうことがなく、ダブルショット射出成形によるラベルも薄れたりすることがありません。

製品詳細ページから引用

音を抑えるフォーム

キーボード音が改善された Razer Huntsman V2 は、筐体内に特殊なフォーム層を使用しており、キーを打ち込んだときに起こりうる反響音を吸収します。

製品詳細ページから引用

エルゴノミック リストレスト

頑丈なリストサポートは、キーボードにぴったり沿わせて手首にかかる圧力を和らげるように配置できるため、長時間のゲームプレイでも疲れを軽減してくれます。

製品詳細ページから引用

マルチファンクションデジタルダイアルと 4 つのメディアキー※

停止、再生、スキップを設定でき、明るさから音量まであらゆる要素を調整できます。究極の利便性でエンターテインメントを楽しめます。

製品詳細ページから引用

※テンキーレスモデルはダイヤル及びメディアキーはついてません

内蔵メモリーとクラウドのハイブリッドストレージ

最大5つのオンボードメモリプロファイルを保存して有効化でき、クラウドストレージにマクロや設定のライブラリを構築して呼び出すことができるため、どのような状況でも、すぐに戦いの準備に入ることができます。

製品詳細ページから引用

Razerからスクロールホイールの抵抗感が自動で変わるRAZER™ HYPERSCROLLを搭載した新型マウス「Basilisk V3」を発表

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です