今年の有馬記念は激熱!

Pocket

今年の有馬記念は例年にない豪華メンバーがそろった。現最強馬アーモンドアイ、ジャパンカップを制したスワーヴリチャード、3歳勢サートゥルナーリア・ワールドプレミア・ヴェロックス、宝塚記念・豪コックスプレートを制したリスグラシュー、天皇賞春を制し凱旋門賞帰りのフィエールマン、ここが引退レースとなるレイデオロ・アエロリットなどGⅠ馬が11頭参戦、超豪華なメンバーとなっている。

最も注目されるのはやはりアーモンドアイだろう。懸念材料は香港カップを熱発で回避した点だろう。この点についてはアーモンドアイを管理する国枝調教師はこのように言っている 「熱発の影響? 問題ないよ。土曜(11月30日)に上がって翌日の日曜(1日)には乗ってるからね。レースが香港でなくて日本でなら、翌週そのまま使ってたんじゃないか」。 この発言からも熱発の影響は問題ないものと思われる。最終追切でもいい動きを見せていたみたいなので万全の状態で臨めそうだ。初の中山でのレースだがアーモンドアイなら全く問題ないのではないか?万全の状態なら死角はほとんど見当たらないだろう。

では次点で気になる馬は?ここからは個人的な観点になるがリスグラシューを推したい。父が有馬記念を制したハーツクライ・宝塚記念、コックスプレートを制するなど成長著しい今が絶頂期だろう。鞍上はコックスプレートを制したダミアン・レーンというのも頼もしい。

次点で気になるのは同期で同じハーツクライ産駒のスワーヴリチャードだ。ジャパンカップで昨年の大阪杯以来の1年4か月ぶりの勝利でGⅠ2勝目を上げた勢いは十分だろう。

サートゥルナーリアは気性面での課題が問題なければ十分に勝ち負けできる能力があると思うのでここも気になるところ

他にはクラシックでは惜しいレース続きだったヴェロックス、ここ10年で有馬記念で3歳馬は5勝と相性はいい可能性はあるだろう。

ちなみに私自身は馬券を買うことはないので純粋に有馬記念を楽しみたいと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村
趣味・ホビーランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です