2021オークスを回顧、ソダシの敗因は?

Pocket

2021オークスはユーバーレーベンが制覇、ゴールドシップ産駒初のGⅠ制覇

2021年5月23日に東京競馬場で行われた第82回優駿牝馬オークスが行われ、3番人気ユーバーレーベンが最後の直線、差し切って見事に1着でゴール。ゴールドシップ産駒初のGⅠ制覇を達成。1番人気の白毛馬ソダシは最後の直線で伸びきれず8着に敗れた。

ソダシの敗因は?

ではソダシの敗因はなんだったのか?スタートは横1線でスタートを切るとソダシは前目に取り付けますが、その時にステラリアが外から被せてきて、それに反応してしまい1・2コーナーでやや折り合いを欠く面を見せたのが一つ、そして最後の直線で戦前から言われていた距離の壁があることを露呈してしまい、ラスト1ハロンで失速。ソダシといえど、クロフネ産駒の距離の壁に阻まれた形となりました。

先行勢は全滅

1000m通過は59.9と平均ペースでしたが、淀みのない流れだったのもあり、先行勢は全滅。上位陣は全て差し・追い込み勢で決着。おそらく距離適性にも差があったのかなと思います。

データを覆し2,3着に4枠の馬が来た

過去10年をみると3,4,6枠の戦績が極端に悪いのが過去10年でのオークスというレースでしたが、そのデータを覆し2着にアカイトリノムスメ、3着には16番人気、GⅠ初騎乗の藤懸ジョッキー騎乗のハギノピリナが激走。3連単532,180円、3連複109,190円という波乱を演出し、データによる狙い目は完全に外れてしまいました。

これまでの傾向からもハギノピリナが来るとは全くの予想外でしたが、これもまた競馬ということですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です