2020年お勧めゲーミングキーボード入門者編

Pocket

最近ゲーミングPCを買ってPCゲームを始める人が増えてきたと思いますが、そうするとPC本体だけでなくゲーミングデバイスも必要となります。しかしゲーミングデバイスは基本的に高額です。一番高いのはモニターですがその次にコストがかかるのがゲーミングキーボードです。メカニカルキーボードを買うとなると1万越えが普通です。

しかしそこまでお金をかけれないという人もいるでしょう。そんな人にお勧めのゲーミングキーボードを紹介していきたいと思います。中華製の良く分からないメーカーのものだと非常に安いのですがそれだとちょっと怖いという人もいるので今回紹介するのは有名なメーカーに絞りました。具体的には1万円以下、なるべく7000円以内のものを選びました。※一部1万円を少し超えてるものあり

お勧めゲーミングキーボード一覧

ロジクール G213 PRODIGY

ゲーミングデバイスと言えば”ロジクール”というくらいド定番ですね、G213はそのエントリーモデルとなっています。

G213にはメンブレンキーですがロジクール独自開発のロジクールG Mech-Domeキーを搭載することにより、普通のメンブレンキーよりも上質な押し心地を実現しています。さすがはゲーミングデバイスメーカーの天下、素晴らしいコストパフォーマンス。

Logicool G HUBというカスタマイズソフトで様々なカスタムができるのもいいですね。

リストレスト付きなのも高評価ポイント、ゲーミングキーボードは背が高いものが多いのでリストレストがないと手首に負荷がかかるのでリストレストを使うのをお勧めします。

詳しい性能は公式HPをご覧ください。

ロジクール K840 メカニカルキーボード

こちらは少し古いモデルですが1万円を切ってるメカニカルキーボードです。Romer-Gメカニカルスイッチというロジクール独自開発の軸になっています。丈夫でスタイリッシュなアルミニウムボディでかなりカッコいいです。

Amazonで7,175円なのでメカニカルで安いのならかなりお勧めです。ロジクールなので性能面も安心ですね。

Razer Cynosa Chroma JP

こちらもゲーミングデバイスのド定番”Razer”のエントリーモデルRazer Cynosa Chromaです。

Razer Cynosa Chromaはゲーミンググレードのパフォーマンスを発揮するソフトクッション式キーを採用。Razer Synapse対応で様々なカスタマイズが可能な点も高評価ポイント。

Razer Blackwidow JP Green Switch

Razer Blackwidowシリーズの日本語配列モデル。Razer独自スイッチの緑軸、青軸モデルですね。

1万円以下ではないですが、1万円を少し超えるくらいなので許容範囲かなと思います。

HyperX Alloy Core RGB

こちらはKingstonのゲーミングデバイスHyperXのエントリーモデルHyperX Alloy Core RGBです。

先に挙げたものより安いですがカスタマイズソフトは未対応です。これよりも上のグレードのものは対応してますが値段が3倍以上になってしまいます。

リストレストはついてないので手首の負担軽減のため買ったほうがいいと思います。

HyperX Alloy FPS 赤軸

こちらは約3年前に発売されたモデルですがメカニカルキーボードでは安めの1万ちょっとになってます。赤軸なのでクリック感はありません。軸に関しては好みが分かれるので赤軸が好きならお勧めになります。英語配列なのでそこに注意は必要。

Corsair K55 RGB

Corsairもゲーミングデバイスの大手メーカーですね。特にキーボードが人気。そのCorsairの一番安いモデルです。

安いので当然メンブレンですが、この製品の特長として左端に6つのマクロ専用キーを搭載してるところです、icueという専用ソフトでカスタマイズができます。こちらのサイトからDLできます。

Corsair K70 LUX CherryMX Red 日本語配列

1万円を少し超えてますが赤軸メカニカルのキーボードです。フルサイズでこの値段は魅力的だと思います。

メディアコントロールの専用キーあり、USBパススルーポートがついていてマウスなどを挿すのに便利。

Corsair K63 RED

こちらはテンキーレスモデルになってます。1万円をちょっと超えるくらい、テンキーレスなのでマウスの可動域が広くなってお勧めです。基本的にゲームをするならテンキーレスのほうがマウスの可動域が広くなるのでお勧めしてます。

MSI Vigor GK30 COMBO JP 日本語配列 ゲーミングキーボード ゲーミングマウス セット KB479

msiのキーボードとマウスセット、セットで6,151円はかなりお得。入門編には丁度いいですね

これを最初に使ってもっといいのが欲しくなったらよりいいものを買えばいいと思います。

エレコム ゲーミングキーボードTK-DUX30BK

昨年ゲーミングブランドARMAを立ち上げたエレコムですがそれ以前にもゲーミングキーボードを出しています。

今回紹介する中で最安値の2,182円です。本当に安くていいならこれがいいと思います。

 

エレコム ゲーミングキーボード メカニカル 茶軸

こちらはエレコムの茶軸テンキーレスメカニカルキーボードです。8,500円でかなりお得になっています。

BUFFALO G500BK

実はバッファローもゲーミングキーボードを出してます。そこまで力を入れてるわけではないので他のメーカーの方がいいと思います。でも一応紹介しておきます。

サンワダイレクト メカニカルキーボード 赤軸

こちらはサンワサプライが出している赤軸メカニカルキーボード。キーの背が低いロープロファイルモデルで入力しやすさにこだわった「シリンドリカルステップスカルプチャー」形状を採用してるのが特徴です。

FILCO Majestouch2 91赤軸 91キー日本語配列

FILCO Majestouch2のテンキーレスモデルです。FILCOのいい所はラインナップが多い所、様々な軸・フレームがあります。

FILCOといえば漆塗りフレーム。非常に高いですが個性を出すにはお勧めです。

FILCO Majestouch2はゲーミングキーボードではありませんがゲームにも使えます。

ARCHISS ProgresTouch テンキーレス

アーキスのProgresTouchシリーズのテンキーレスモデルです。アーキスもFILCOと同様にラインナップが豊富なのがいい所。

こちらもゲーミングキーボードではありませんがゲームでも十分使えます。

オウルテック Cherry社製「赤軸」

少し古いモデルですがオウルテックの赤軸モデル、パームレスト付きで6,987円と格安です。赤軸の他にも青軸・茶軸があるので自分の好みに合わせて買えるのはgood👍

あと一つ紹介したいものがあります。FILCO 漆塗りパームレストです。

FILCOは漆塗りを売りにしてる唯一のメーカーです。そのパームレストですね、木製になっていて非常に質感がいいです。パームレストに木製はどうなんだ?と思われるかもしれませんが非常にいいです。少々お高いですがぜひ使ってみてください。

Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です