EPOS|SENNHEISERUSB、7.1chバーチャルサラウンド対応のゲーマー向けモデル「GSX 300」を国内発売。

Pocket

2020年7月16日、ゲーマー向けおよびエンタープライズ向けのオーディオ機器を手掛けるEPOS|SENNHEISERは、USBサウンドデバイス「GSX 300」を国内発売。EPOS公式ウェブショップにおける直販価格は税込1万980円となっている。

主な特徴

  • ステレオモードでの高解像度オーディオ
  • 高度なオーディオ制御
  • スマートボタンでモードを瞬時に切り替え(モードまたはプロファイルの切り替えが可能)
  • EPOS Gaming Suiteで7.1サラウンドサウンドをカスタマイズ

主な仕様

 

本製品の特長として、PlayStation 4やNintendo SwitchといったCS機にも対応しており、PCとの接続時は、専用ソフトウェア「EPOS Gaming Suite」から7.1chバーチャルサラウンドサウンド再生機能や,イコライザーの調整などができる。

今までのGSX1000やGSX1200 PROではできなかった、CS機での使用ができるのが非常にありがたいところ、さらに値段もリーズナブルになっており、汎用性の高さが売りとなっています。

製品情報ページ

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です