【競馬ニュース】【回顧】人馬一体となったソングラインが悲願のGⅠ制覇、昨年から1番人気の連敗は12まで継続

Pocket

新マイル女王ソングライン誕生

2022年6月5日東京競馬場にて第72回安田記念が行われ、キズナ産駒のソングラインがマイル界の新女王に戴冠しました。

レースはホウオウアマゾンが先頭へ、次いでマイルCS3着のダノンザキッド、フェブラリーS連覇のカフェファラオ、メンバー唯一の7歳馬ダイアトニック、ヴィクトリアマイル2着のファインルージュと同3着のレシステンシアが好位を追走する形に、香港マイル3着のサリオス、唯一の3歳馬セリフォス、マイルCS2着のシュネルマイスターなどが中団待機、ソングラインは中団やや後ろで折り合いに専念末脚に賭ける形に。

最後の直線粘るホウオウアマゾンをダノンザキッドが捉え先頭へ、しかしさらに後方からソングライン、サリオス、シュネルマイスターを末脚を伸ばし、ダノンザキッドを交わしゴール板を先頭で駆け抜けたのは牝馬のソングライン。

鞍上の池添騎手が勝利ジョッキーインタビューで「前回、自分自身ふがいないレースをしてしまったので、今日は自信を持って、4コーナー手前からこの馬の末脚を信じ、外を回して動かして行きました」と語った通り見事な差し切り勝ちだった。

秋はアメリカ遠征も視野に

今後の予定はまだ未定だが、まずはゆっくりと休養にあて、秋に春秋連覇を狙ってのマイルCSか、優先出走権を獲得したアメリカBCマイルか?

個人的には昨年の快挙に引き続き、ブリーダーズカップでの活躍を期待したいところだ。

【競馬ニュース】【安田記念2022】大混戦の安田記念を制するのは?データによる狙い目は?

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。