2020年お勧め有線ゲーミングマウス

Pocket

2020年ももう1ヵ月が経ちますね、この年になると本当に時間がすぎるのが早いw

この間お勧めのワイヤレスゲーミングマウスを紹介したので、今回は有線のお勧めを紹介していきたいと思います。

Logicool G ゲーミングマウス G502

こちらはワイヤレスの時に紹介した製品の有線モデルですね、ワイヤレスモデルが16,200円なのに対し、9,467円と7000円ほど安くなってます。基本的にワイヤレスは割高になっているのでそこが一番のネックになってますね。

有線はワイヤレスよりも安価で買えるのが一番のメリットです。

もちろんHERO 16Kオプティカルセンサー搭載でトラッキング性能は折り紙付き、安心安全のロジクールですから。

Logicool ロジクール ゲーミングマウス G403h

こちらもHERO 16Kオプティカルセンサー搭載のモデルですが、多ボタンタイプのG502に対してこちらは6個とシンプルな右利き専用のエルゴノミクスデザインのものになってます。シンプルタイプのものが好みの方はこちらのほうがいいでしょう。

Razer DeathAdder V2

2020年1月24日に発売したばかりのDeathAdderの新モデルですね、約3年ぶりのモデルチェンジとなります、

新型オプティカルセンサー「Razer Focus+」を搭載。 従来のセンサーを上回る99.6%の解像度精度、最大20,000DPIの解像度、650IPSのトラッキング速度を誇り、おそらく現在だと世界最高のセンサーだと思います。

重量も82gと非常に軽くなってます。値段は有線マウスだとかなりお高めの9,680円他のメーカーに比べても明らかに高いです。Razerさんかなり強気。

Razer Basilisk V2

こちらはBasilisk Ultimateの有線モデルです。DeathAdder V2と同時発売となってます。カスタマイズ可能な11個とかなり多いです。DeathAdder V2は8個なので多ボタンのほうがいい人はこちらをお勧めします。

値段は9,980円とほぼ1万円。やはり強気な値段設定。

Razer Viper

Razerから出された軽量タイプのモデル、重量はなんと69g、他のメーカーがハニカム構造になってるのに対してこちらは内部構造を軽くすることにより肉抜きがされていません。

サイズはRazerのマウスではかなり小型設計になっているのでそこは注意が必要です、できれば実機を触れてみるのがいいと思います。サイドボタンが小さめで少し押しにくいのがちょっと残念なところ(慣れれば大丈夫)。

Glorious ゲーミングマウス Model O

アメリカのゲーミングデバイスメーカーGlorious PC Gaming Raceから発売されている軽量マウス。重量は67g。

いわゆるハニカム構造のものですが、筆者はこちらの製品がバランスや握り心地などを考えると一番お勧めできる製品です。

右利き専用のエルゴノミクスデザインのModel Dがもうすぐ発売なので国内販売が開始されたら購入してレビューする予定です。

一回り小さいモデルのO-というモデルも発売してます。こちらは重量58g。

Cooler Master MasterMouse MM710

Cooler Masterから発売されているハニカム構造の軽量マウスです。こちらの魅力はなんといってもその値段。Amazon価格5,480円と軽量マウスでは最安値となってます。コストダウンのためLEDライティングは省かれていますが、その他は高水準で纏まっています。手が小さい人にはかなりお勧めできるモデルとなってます。

マウス自体の性能はいいのですが、説明などがちゃんとされていないのでドライバソフトウェアの場所が分かりにくいのでURLを張り付けておきます。

ドライバソフトウェア https://coolermaster.egnyte.com/dl/u7HznRYu0v/

Finalmouse Ultralight 2 – Cape Town

軽量マウスの先駆けとなったFinalmouseですね、一時期は品薄状態が続いていましたが今は安定しているみたいなので在庫がなくなるまでは安定して入手ができそうです。主にAmazon、ヤフーショッピング、楽天、ふもっふのおみせなどで入手可能です。

下記の画像をクリックするとふもっふのおみせに飛べます。

XANOVA Mensa Pro Gaming Mouse

2019年に新しく立ち上げられたGALAX XANOVAから発売されているMensa Proというモデルです。値段はAmazon価格7,070円となっており、他に比べると安価です。エントリーモデルもありそちらは3,846円とかなりリーズナブルな値段設定になっています。こちらもお勧めです。

ROCCAT Kone Pure Ultra

ドイツのゲーミングデバイスメーカーROCCATから発売された軽量タイプのマウスです。こちらはRazer Viperと同じように内部構造を軽くすることにより肉抜きなしで66gの重量を実現しています。

軽くていいのですがサイドボタンの位置がちょっと上にあるので握り方を少し工夫して押しやすいようにする必要があります。慣れも必要ですかね。

ROCCATオリジナル光学センサー「Owl-Eye」を搭載、表面加工も特殊な加工が施されていて汚れが付きにくくなっています。

値段は少し高めの9,780円となっています。

日本ではあまり知名度はありませんが非常に高い完成度を誇り、他の製品も見た目を含めていい製品が多いのでもっと広まってほしいですね。

ROCCAT KAIN 120 AIMO BLACK

こちらもROCCATから発売されているもので表面加工が素晴らしいもので他のメーカーとは一線を画しています。握り心地が最高によくて使っていて気持ちがいいくらいです。

サイドボタンやDPI変更ボタンの位置も絶妙で、すごくバランスのとれたモデルとなっています。

重量も89gと軽めです。ROCCATというメーカーを他の人にももっと知ってほしい。

いかがだったでしょうか?ゲーミングマウスは本当に色んなメーカーが様々なモデルを発売しているので何を買っていいか迷う人もいると思いますので参考程度にしてもらえればと思います。

Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です