PS4で使えるワイヤレスゲーミングヘッドセット一覧

Pocket

ここ数年で様々なものがワイヤレス化が進んできましたが、その最大の恩恵を受けるのがヘッドセット・イヤホン類になります。何せ有線の煩わしさから解放されるのですから、そこでPS4で使えるワイヤレスゲーミングヘッドセットをまとめましたのでご紹介したいと思います。※全てを網羅してるわけではないのでご了承ください。

プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット

ソニー純正のワイヤレスゲーミングヘッドセットです。大口径50mmドライバー搭載でつつみこまれるような、臨場感のあるサラウンドを再現し、3Dオーディオにも対応し、、PlayStation4 「ヘッドセットコンパニオンアプリ」では、「プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット」をPS4に接続してお使いいただく際の音質を調整できます。

※マイク音質はそこまでいいものではないので要注意

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

Logicool G ゲーミングヘッドセット G933s

ロジクールの最高級ワイヤレスゲーミングヘッドセット。強化されたPro-G 50mmドライバー、7.1CHを超えるサラウンドDTS® Headphone:X 2.0対応、マイクミュートは跳ね上げ式。Logicool G HUBゲーミングソフトウェアでEQのカスタマイズが可能

※DTS® Headphone:X 2.0、Logicool G HUBゲーミングソフトウェアはPCのみ対応。

こちらのワイヤレスゲーミングヘッドセットはPS4接続時はステレオ接続になるのでそこは要注意、PS4でも使えますが最大限力を発揮するのはPCです。

Astro ゲーミングヘッドセット A50 WIRELESS + BASE STATION

大人気Astroが送り出したA50とBASE STATIONの組み合わせは現状PS4で使えるワイヤレスゲーミングヘッドセットでは最強クラスだと思います。Astro Command Centerソフトウェアを使うことにより様々なカスタマイズを行うことができますがPCのみで使えるソフトウェアなのでそこは注意しましょう。

もちろん値段にも反映されていて38,123円となかなかの値段です。

HyperX Cloud Stinger Wireless

今回紹介する製品では最安値の7,976円とコストパフォーマンスでは一番です。

最大の特徴は最大17時間のバッテリー稼働時間です。これだけバッテリー稼働時間が長ければバッテリー切れの心配はないでしょう。デザインもすっきりしており個人的にはかなり好みですね。

HyperX Cloud Flight

LEDをオフすることにより最大30時間駆動バッテリー搭載となっており、バッテリー切れの心配が全くありません。これは驚異的と言えます。取り外し可能なノイズキャンセリングマイク※ミュートはヘッドセット本体についてます。何気に便利なイヤーカップが90度回転できる仕様。

Razer Thresher Ultimate for PS4

Razerが送り出した最強のPS4対応ワイヤレスゲーミングヘッドセットです。ちなみにfor PS4となってますが普通にPCでも使用可能です。

Razer Thresherにはあと2つモデルがありますが、こちらはヘッドセットスタンド兼ベースステーション付属の最上位モデルとなってます。※ベースステーションなしのモデルは3000円くらい安い。

筆者は一時期7.1chモデルを愛用していましたが、非常に満足できるものでした。

Razer Thresher for PS4

こちらもRazer Thresherシリーズの一つなのですが、こちらは7.1chには非対応のものとなってます。価格も12,840円と7.1chモデルよりも3000円ほど安くなっています。

SteelSeries Arctis 1 Wireless

SteelSeriesのヘッドセットArctisシリーズのワイヤレスモデルです。こちらのモデルは7.1ch非対応になってます。※PCのみですがSteelSeriesEngine3によりカスタマイズが可能。

SteelSeries Arctis 7

こちらもArctisシリーズのワイヤレスモデルなのですが、こちらは7.1ch対応モデルとなっており、バッテリー駆動時間も24時間と非常に長くなっています。※PCのみですがSteelSeriesEngine3によりカスタマイズが可能。

ちなに色の種類が黒と白の二つとなってます。

SteelSeries Arctis Pro Wireless

Arctisワイヤレスモデルの最上位です。2.4GHz ロスレスワイヤレスとモバイルデバイス向けBluetooth接続可能なデュアルワイヤレスシステム、交換式バッテリーのデュアルバッテリーシステム、最大40,000Hzの周波数帯域まで再生まで可能なハイレゾ基準高音質スピーカー、有機ELディスプレイのトランスミッター付属など様々な機能が盛りだくさんとなってます。もちろん値段にも反映されており、今回紹介するものでは最高値の40,000円となってます。※黒と白の2つがあり何故か白の方が安いです。黒は44,000円。

ゼンハイザー ワイヤレスゲーミングヘッドセット GSP 670

こちらはドイツの音響メーカーゼンハイザーから発売されているワイヤレスモデルとなってます。発売当初は不具合などがあったようですが現在はファームウェアアップデートによって改善されているようです。

音響メーカーらしく素晴らしい音質とマイク音質を兼ね備えてたモデルとなってます。なおこちらのモデルはPS4などでも使えますが、PCのほうが本来の力を発揮できると思います。

ASUS ワイヤレス ゲーミング ヘッドセット TUF GAMING H7 WIRELESS

ASUSから最近発売されたワイヤレスゲーミングヘッドセットです。こちらは7.1ch非対応なのでご注意ください。

53mmのASUS Essenceドライバー搭載、独自のASUS Hybridイヤークッションで、優れた音の遮断性と快適性を実現、メガネをかけていても快適性が損なわれません。

ASUS ROG Strix Fusion 500

ASUSの7.1ch対応のワイヤレスモデルとなってます。こちらはPS4でも7.1ch対応してる数少ないモデルです。

さらにスマホアプリでRGBライティングの設定が可能になっています。

TURTLE BEACH ワイヤレスゲーミングヘッドセット  STEALTH 600P

アメリカのゲーミングデバイスメーカーTURTLE BEACHのワイヤレスモデルです。最近日本市場に進出してきて、これから日本でのシェアを広げていくと思っています。

いかがだったでしょうか?ワイヤレスゲーミングヘッドセットは今後さらに製品の種類が間違いなく増えていくと思います。当然有線よりは割高にはなってますが、ワイヤレスヘッドセットはそれだけの価値があるものと思ってます。海外のメーカーも日本にどんどん進出してきて激しい競争になっているのは間違いありません。おそらく日本ではRazer、ロジクール、Hyperxの3社のゲーミングヘッドセットを使っている人が多いと思います。それに割って入ってくるのがどれなのか?どんなメーカーが日本市場に来るのか今後も楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です