初めてゲーミングPCを購入するならBTOがお勧め

Pocket

ここ数年ゲーミングPCを買う人が増えてきましたが、買うときに悩むのがどれを買えばいいのか分からないことだと思います。そこで筆者がお勧めするゲーミングPCを紹介していきたいと思います。自作とBTOの違いについても解説していきます。

BTOと自作PCの違い

BTOと自作PCの違いはBTOがメーカーが用意したモデルの中から構成を選んで組んでくれるPCのことです。それに対して自作PCはすべてのパーツを自前で用意して組み立てもすべて自分で行う必要があります。

それぞれのメリット・デメリット

BTOのメリット

  • メーカー保証がついている
  • パーツの構成を選ぶだけで組み立てはしてくれるので楽
  • PCの詳しい知識がなくても安心

BTOのデメリット

  • 一部を除き光らせるパーツなどは選べない
  • ケースも含めた自由な構成ができない

自作PCのメリット

  • ケースを含む全てのパーツが自由に組める
  • 安いパーツを選べばある程度値段が抑えられる

自作PCのデメリット

  • メーカー保証がない
  • ある程度知識が必要

それぞれこのようなメリット・デメリットがあります。よく初心者に自作PCを進める人がいますが私は全くお勧めはしません。自作PCはある程度の知識がないと組むことも大変ですし、メーカー保証もないので何かトラブルがあったときには自分で解決しなければなりません。初めてゲーミングPCを買うならBTOがいいでしょう。

BTOに関してはパーツの構成を選ぶだけでいいので非常に楽なのが最大のメリットですね。メーカー保証もついているので保証期間内であれば保証が利くのもメリットです。しかしパーツの構成は一覧にあるものしか選ぶことができないので自由度は低いです。

逆に自作はすべてが自由なので自分好みのPCを組み立てることができます。よくある光らせるパーツを組むなら自作PC1択になります。

ゲーミングPCは決して安いものではありません。ゲームをサクサク動かすための構成を組むなら最低でも本体のみで10万は必要でしょう。そこにデバイスも必要になりますから一括で支払うなら特に問題はありませんがローンを組む場合は金利0円のジャックスショッピングローンを使うのがお勧めです。

金利0円ジャックスショッピングローンを使えるBTOメーカー一覧

ドスパラ

ドスパラはBTOメーカーでは最大手です。ジャックスショッピングローンも金利0円ですので非常にお勧めのBTOメーカーです。

パソコン工房

パソコン工房もBTOメーカーの中では大手です。パソコン工房もショッピングローン0%金利キャンペーンをやっています。※現在は 2020年1月19日(日)までキャンペーンを行っています。

パソコン工房

マウスコンピューター

マウスコンピューターも大手のBTOメーカーです。こちらも ショッピングローン0%金利キャンペーンをやっています。※現在は 2020年1月31日(金)までキャンペーンを行っています。 

サイコム

サイコムは大手BTOメーカーではありませんが、他社にはないデュアル水冷PCやBTOでは珍しく光らせるパーツを組むことができます。※もちろんその分値段はあがります ※現在は 2020年3月31日(火)までキャンペーンを行っています。 

サイコムのBTOパソコン!まずはお見積もりから

その他にもフロンティアでも金利0円キャンペーンをやることもあるので逐一情報をチェックするといいでしょう。

FRONTIERダイレクト

どの基準でゲーミングPCを買うか?

では実際にゲーミングPCを買うとして、何を基準に選べばいいでしょうか?

ゲーミングPCで一番重視するのはグラフィックボードです。いわゆるGPUと呼ばれるものですね。まずはそれをどの種類にするかを決めてから予算内で他の構成を選ぶといいでしょう。今ならRTX2060Superが最もコスパがいいと思われます。※PCパーツは買う時期によって値段がかなり変わるので予算に合わせてその時期に一番いいものを買うといいでしょう。

予算はそれぞれ違いますが初めて買うならデバイス込みで20~25万ほどの予算を組めばデバイス込みですべて揃うでしょう。もっと予算を安くしたいとなれば15万ほどになるかと思います。10万で快適にゲームができるPCとなると難しいと思われます。※もちろんデバイス込みで予算が10万です。

SSDは必須

今のBTOメーカーの構成はほとんどがSSDが組んであります。SSDはデータの読み込みを早くしてくれるので必須となってます。必ずSSDは構成に組みましょう。できれば500ギガ以上の容量があるといいですね。※ゲームのインストールにかなりの容量が必要。少ないとすぐに一杯になってしまいます。

自作PCは2台目以降が無難

自作PCを組んでみたいと思う人も多いと思いますが知識が必要になるので最初はBTOで、2台目以降に自作PCを組むのが無難かと思います。知識がないと何かトラブルがあっても解決できませんから。

ゲーミングPC市場は一昔前に比べると確実に拡大しているのは間違いありません。しかし現状はCS機の方が市場が大きいです。もっとゲーミングPCを持つ人が増えればPCパーツの値段も下がるでしょう。需要があれば必然と値段は下がるはずです。ゲーミングPCを買う上で一番のハードルは値段です。値段が下がればもっと買う人は増えると思うので市場拡大のためにももっとゲーミングPCを広めていきたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です