【競馬ニュース】【オークス2022】GⅠでの連敗記録は止まるのか?データによる狙い目は?

Pocket

参考資料:競馬ラボ

1番人気が勝てない2022年のGⅠ戦線

2022年のGⅠも前週のヴィクトリアマイルで8戦を消化しましたが、未だに1番人気が勝てていなく。昨年のホープフルステークスから数えると1番人気が9連敗中となっています。現在(記事投稿時点)ではサークルオブライフが1番人気となってるが果たして?

枠による明暗がくっきり

過去10年の枠順別のデータを見てみると、枠による明暗がくっきりと分かれているのが分かる。まずは良績を残しているのがそれぞれ3勝ずつしている2枠・5枠・7枠だ。

逆に6枠に至っては過去10年で馬券圏内に来た馬が1頭すらいない。これは正直驚きの結果と言える。ここまで明暗がくっきりしているのは正直驚きです。そしてそれ以外では3枠・4枠・8枠が勝ち鞍なしとなっており、今回も明暗を分けることになりそうですね。

現在1番人気のサークルオブライフが3枠に入っており、早くも1番人気が勝てないフラグが経ってしまっています。

過去10年の人気別のデータを見てみると、1番人気の勝率は50%と非常に高くなっており、連対率・複勝率も高く信頼度はかなり高くなっています。そして2番人気が1着1回、3番人気が1着3回となっており、過去10年では3番人気までの馬がほとんど勝っているのが分かります。

そうなると3番人気までは押さえておくのが基本線となり、あとは相性のいい枠を押さえておくのがいいと思います。

前走は桜花賞・フローラS・忘れな草賞が中心

前走のデータをみてみると過去10年で前走桜花賞の馬が確実に馬券圏内に来てるのが分かります。次いでフローラステークスが6回、忘れな草賞が3回とほとんどがこの3レース組で決着するようになっています。さらに前走3着以内の馬が30頭中24頭となっており、1着に限ると桜花賞10着から巻き返したメイショウマンボのみとなっています。

結論

過去10年の1番人気の勝率からサークルオブライフを軸にしたくなりますが、今年はGⅠにおける連敗が続いていること、相性の悪い3枠、桜花賞4着以下から勝ったのはメイショウマンボだけとかなり悪いデータが揃ってしまっています。

そうなると桜花賞の上位組となるスターズオンアース、ウォーターナビレラの2頭、フローラステークスを制したエリアヴィータ、同レース2着のパーソナルハイが有力馬になると思われます。エリカヴィータとパーソナルハイはそれぞれ相性のいい5枠と7枠に入ったことも追い風となるでしょう。

忘れな草賞を制したアートハウスも相性のいい2枠に入ったことで十分に有力と言えます。 

問題となるのは大外18番に入ったスターズオンアースで、過去10年で一度も馬券圏内に来ていなく。非常に難しい枠に入ってしまったことが分かります。

そして個人的な注目は全く馬券圏内に来ていない6枠がどうな結果でるのかが気になるところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
Please follow and like us:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。